【河村建設】

河村建設について

 

河村建設株式会社は2015年に河村ケンジロウ氏が第三新東京市建設計画を立ち上げた際に発足したロマン建築専門のベンチャー企業である。匠徒迎撃兵器の開発を受託している河村重工のグループ企業に当たる。

 

RS回路とユニット建築による巨大施設の建築が主体。ウゴクラフトを利用した稼働式砲台や兵装ビルなど建築は多岐に渡る。迎撃設備に使用するTNTキャノンは全て河村重工が請け負っている。

 

プロジェクトが巨大であり、また大型施設の開発ノウハウがない状態で始まったため、会社の財政は常に危機的状況で過去に何度も経営破綻を経験している。

 

自転車操業という単語を見事に体現している河村建設ではあるが、匠、及び匠徒の驚異を完全に封じ込める都市計画は舞倉市の将来にとっても最重要項目であり、政財界からは一定の期待を受けている。