一人暮らしと料理について考える─ポテトフレークが便利

2019-01-26 オフ 投稿者: kawamura kennjiro
一人暮らしと料理について考える─ポテトフレークが便利

 

どうもこんにちは。
世界を変える男、河村ケンジロウです。

 

今日は珍しく料理に関する記事になります。

 

今後は一人暮らしか、シェアハウス暮らしか、
はたまたその日暮らしか?

 

いずれにしても実家を出る予定なので、新しい環境に備えて料理関係の記事をちょくちょく挙げていきますのでよろしくです(^^)

 

友人宅にて料理

 

実家暮らしでの最大のメリットと言えば、親が料理を作ってくれることでしょう。

 

一人暮らしだと料理ができても食材の消費がなかなか進みません。その点、実家暮らしの方が新鮮な食材を食べられるためメリットが大きいです。

 

河村的には、一人暮らしよりも複数人で暮らす方にメリットを感じます。しかし実家を出るとなるとシェアハウスでもしないと複数人で暮らすという選択自体ができません。

離婚してなければ悩まずに済んだっていう(^^;)笑

 

 

そんなことを常々考えていた中、最近友人が都内に家を借り始めたという情報が…。しかもその友人はほぼ毎日カップ麺で過ごす生活だそうで(・・;)エー

 

未来ある若者に毎日カップ麺を食わせる訳にはいきません。ということで泊まりがてら友人宅にて料理を作ることになりました(○´∀`)つ

 

 

ポテトフレークでマッシュポテトを作ってみる

 

普段は料理する機会がないので、友人宅にてこれまで気になっていた食材を使って料理をしてみました。まずは気になっていたポテトフレークを食してみます↓

 

 

ちなみに初めてポテトフレークを知ったのは山仕事の時、仕事仲間が教えてくれました。お湯で戻すとよく膨らむため、山では利便性が高いとのことでした。

 

今回はカルビーのポテトフレークで試します。
160gで200円弱でした↓

 

 

 

一応説明も書いておきます↓

 

【ポテトフレークとは?】

ポテト表面の皮を剥がして洗浄し、一旦マッシュ状にしてからドラムの表面に張り付けて乾燥するまで水分を飛ばして完成されるフレーク状のポテト。

お湯で戻すことでマッシュポテトが簡単に出来あがる他、コロッケやカレー、スープなどに入れてアレンジ材料としても利用可能。

じゃがいもの下準備が一切いらない為、調理の時短にも役立つ便利な食材。

 

 

袋の中身はこんな感じ。
ポテトはさらさらのフレーク状でとても軽いです↓

 

お湯で戻して塩を入れるだけでも食べれますが、バター、牛乳、コショウを加えることで美味しく食べれます。

 

あとはカレー粉を加えてみたり、ツナとマヨネーズを加えてツナポテトにしてもおいしいと思います。サンドイッチを作ることが多い人は重宝するかもしれません。

 

 

 

緊急時に役に立つ焼き鳥缶

 

ポテトサラダでは腹が満たされないため、冷凍うどんを使って味噌風味の焼きうどんも作ることに。

 

全然食材がない友人宅。そして料理を作っている時刻は朝6時。スーパーもやっていない時間帯…

 

ここでカバンに入っていた非常食の出番です。
カバンの底に仕込んでおいたやきとり缶をフライパンへGO!

やきとり缶やオイルサーディンなどの長期保存が可能な缶づめ食品は非常食として、おつまみとして、また友人宅で料理をする時の食材としても活躍するので必ずカバンに入れておきたいものです。

 

 

そして出来上がりました。味噌風味焼きうどん。
豆板醤で少し辛みを足しました。あとマッシュポテト↓

 

グリーンがない…色彩がアレですね(^_^;)笑
次回はちゃんと野菜を買ってから訪問しようと思います。

 

 

 

久しぶりにやると楽しい料理、けれども…

 

久しぶりの料理は楽しいです。
元々料理が嫌いなわけではなかったので楽しく作れました( ^^)!

 

しかし一人暮らしで毎日料理できるのかと思うと何とも微妙…自分のために毎日、料理に時間をかけられる自信がありません。途中でめんどくさくなりそう(笑)

 

 

料理はどうせやるなら誰かのために作りたい。

というわけで料理を作る人が必要なシェアハウスが都内にあれば、ぜひ河村まで連絡をお願いします( ..)φ笑

 

では今日はこの辺で~!